mamimpの研究帳

個人的にまとめたいものを記事にしています。

・・・ハッ!境界のRINNEの『鍋と奉行』回を見ていたら月曜日の朝になっていた。なにを(

概略ノ図

 

たしかあれは土曜日だったか・・・。

境界のRINNE第45話の『鍋と奉行』の話で

あげは「やった!ついにハートに火をつけた・・・!」

りんね「やった!(必死)はやくコンロに火をつけろ・・・!」

個人的にツボにハマる。

「締めは雑炊にしますか、うどんにしますか」と鍋奉行について熱く語る十文字と、

「ッ・・・だいこんが一つしかないぞ・・・」から始まる“天丼ギャグ”がさらにツボに入り、なぜここに四魔れんげがいない・・・ちくしょー・・・!

最後のほうでれんげが来て、やった!きたwwwとか喜んでた。

いつか架印とれんげが鍋食うシーン来ないかな・・・と思い、来たらいいなというネタで記事を書こうとしたが

14巻だけしか見ていない状況で未来について書くよりも、全体をみないとなんともわからないし、もしかしたら他の巻で鍋を食ってるんじゃないか?ほう、14~24巻と26巻~30巻まで四魔れんげが登場しているのか。全部買おう。

全部読み込んだ上でアレとアレを加えていって組み立てれば完成かとか思ってたら、全部読み終えたら日曜日の夜になっていて、途中うたた寝して変な夢にうなされて、やらなきゃいけないことやって、今書かないとちょっと寂しいし鮮度が大切だし・・・瀕死の記事で終わってるから生存報告も兼ねよう。

私は元気です(月 4:46)

 

 ちなみに31巻まで読んだ感想として特に言いたいことは、四魔れんげは末永く活躍しており31巻でもまだ架印とのエピソードに大きく踏み入ってないので、これからさらに格別の活躍が原作で広がっていきそうだということです。境界のRINNEが読者様に愛され長く続くことを私は深く願っています。まあ・・・べ、べつに私は四魔れんげと架印のエピソードがもっと見られたらいいなぁとか思っていないですけど、れんげと架印が鍋パしてるとことか別に見たいとか言ってないですし、あ、もう寝なきゃ。じゃ!