mamimpの研究帳

個人的にまとめたいものを記事にしています。

光と闇の真実(左目と右目の真実)

光「これが答えだったんだ」
闇「こんなことがあるものか」
 あのやり取りは真実だ。創作ではない。
 光と闇、言葉は違えどともに魂の震える驚きを表している。

高スピードは光 極低速は闇
光は瞬間の判断力
闇は戦略的行動
光はシングルロックオン 一眼レフ
闇はマルチロックオン オートフォーカススナップ
魔王は闇であるがゆえに多数の魔物を展開できる。二回攻撃に象徴される魔王の力は闇の力である。
勇者は一度に一戦闘しかできない。勇者は感情を込めた一撃で魔王に立ち向かう

光は闇の存在を認識し、闇は光によって照らされる(発見される)
光は点であり太陽
闇は面であり空間に至る光差さぬ新月の闇夜
光は感情をもたらし、闇は畏怖をいだかせる
空席に気がつくのは闇だ。光は手元を見つめる
この世は多くの光と闇に完全に支配されている
何人も光と闇の世界を逸脱していない。が、わずかに逸脱した人間がいてもおかしくない。
光は凝視が得意で、闇は盗み見る。一つどころではない。闇の力を100%引き出すとその空間から100の情報を読み取ることが可能だ。なんの無理もせずに。
歩いているときに考え事をしがちな人は光属性だ
闇は視線を留められない。今が見えているため多くのものがそこに見えていることを知っていて、一部にこだわる気にはなれない。

光は片手を極める。
闇は両手を扱える
闇は臭いに敏感で、光は臭いに鈍感だ
人の話が気になってしまう人は光で、人の話を聞きながら自分のことができる人は闇だ
ピアノは闇の技だ
スポーツが得意な人は闇だ
女性は闇だ
男性は光だ
 だからこそ、光の女性や闇の男性は際立つ
女性は闇に惹かれる
男性は光に惹かれる
しかしその一方で光と闇のバランスに優れる男女がいる。かの者たちこそ真に人間に至った人間である。
光は内を見つめる。闇には自分が見えない。
闇は世界を視野に入れる。光は世界を知らない。

光は料理の味を味わい、闇は料理の見た目を楽しむ。
光はこだわりの一品を好む
闇は豊富な食卓に喜ぶ

創作は人間を描くことである
創作はフィクションではなくノンフィクションである

闇は欲するものを求め、探し求める
光は欲するものを求め、考え込む

天才は光であり闇である。そして真に人間である
目覚めた幼児には光と闇が見えている

光は励ます
闇は嘲る(あざける)

光は伝える
闇は隠す

人に伝えてしまう人は光属性で、人に伝えない人は闇属性だ

闇は世界のすべてを瞳に映す
光は世界を鏡として自分を見つめる

横断歩道の白線それぞれのハゲ具合や、遠くの看板を知るものは闇であり、光はそれがなんであるか考え込む

人間として生きることを望むなら
男性は闇の力を暴くこと
女性は光の力を身につけること


ドラゴンボール超に登場する別の世界の天才ヒット。構えを持つ闇である。
構えは本来変わらない。彼の構えが刻々と変わったのは演出の都合ではない。

孫悟空は光属性だ
 光は表情が豊かだ
  そして闇の力を暴いていった結果、落ち着いた顔立ちでナメック星に到達し超サイヤ人に目覚めた。激しい怒りによって光属性による内面への執着、情緒ある優しさを振り切り闇の力を増大させることによって超サイヤ人として目覚めた。
ヒットは闇属性だ
 闇は表情に乏しい
  闇は事をなすための最速の手段を知る。その積み重ねにより高度に効率化された行動は、短時間にすさまじい密度で行動を組み込むことができる。それが極まった時、一瞬で敵(課題)を片付ける。彼には光がなかったが、孫悟空によって光と闇を両方極めることの価値に気づき、そこに光があることに気がついたのだ。闇は定数、普遍の真理。光は変数、遊び「心」。ヒットは、心を知ることによって新たな戦闘の型に気がついた。どうしてそれが最善の構えだと思えていたのか、今の彼にはわからない。

ナイトガンダムとサタンガンダムは光と闇である。そして一人の武者頑駄武が、石版によって二人に分かたれた姿だ。元は一人。光と闇は元は同じであり、いずれまた同じに戻る宿命なのである。
人は、光と闇に分かたれ、いずれ人に戻るのだ。
今一度元の一人に戻った時、人であって人でなくなる。不可逆の融合を果たした姿こそ、スペリオルドラゴンなのだ


とりあえずこんなとこでおしまい。
考え続けたら延々と書き続けちゃうから。
書かないのも気になるし視界の邪魔だ。

これらはすべて真実であり、
左目を極める事で光が目覚め
右目を極める事で闇が目覚め
光と闇が目覚めるとき、人は天才として覚醒する
天才は両目が真円をえがく
なぜ半円にして天才を演じる人は、それですべての力を開放できると思っているのか

 

以上
 ちょっと書くか躊躇するぐらいシンプルで影響範囲の広い真実に気がついてしまったんだけど、もともと私は光属性だったから、わずかに公開する方によっていたんだと思う。いろいろ役立ちますよ。力を欲するなら参考にしてください。
 どんな人も左目では全体を見づらく、右目では一点を詳細に見ることができないです。
 左目は遠くのものを詳細に見ようとしているとき、ひとつのものに集中して、それがなんであるのかを見つめているときに使っています。
 右目は広角カメラみたいに全体は見やすいです。そして枠に気が付きます。右目の能力は点じゃなくて面だったんです。しかも多数の枠を同時に見れます。左目ではできません。
 それぞれの力を最大限に引き出した結果、視界に入るすべてが4kレベルで見えるようになりました。左目で凝視するレベルで10個以上の枠を同時(高速に切り替えて)に見ることができるようになりました。たぶん一分時間を貰えればその場にある景色や真実を100個ぐらい簡単に挙げられると思います。

 数日前に右目の闇属性が100%目覚めて完全にわかりました。子供の頃からずっと求めてきたものはこれだったんだなって。世界が本当はどんな姿だったのか知って驚いています。ただの町並みに見えていたものの正しい姿がわかりました。
 10年前に左目の光属性が100%目覚めた時は町並みの色鮮やかさ、行く末、時の果てに残るものが見えて感動しましたが、今回の闇属性開放では町並みの情報量の多さや人の表情、身につけているもの、カンバン、魅力的なポスター、並んでいるものの個数、同じ扱いをしていたが見た目は全く異なっていたもの、それら情報量の多さに驚いています。こんなに目に入るのになぜ私は見ることがなかったんだろう。どう見てもそこにあるのに私には全く気づけませんでした。
 右目が覚醒したら服のシワとか部屋の汚れとか目につき始めました。掃除します。

ああ、ちなみに左目は過去と未来を見ます。現在は見えません。その分衝突回避は得意です。ただし戦略に至りません。
右目は今この瞬間です。過去と未来が見えません。だから飽き性で見る対象をすぐ他に移すんです。
怒っている人は今の瞬間を見てません。左目が輝いています。
自分の利益しか見てない人は右目が輝いています。

男性の皆さんはたまには右目で今を見ることを
女性の皆さんには左目で相手を見て微笑むことを
以上、お勧めいたします

あ〜やっと落ち着いてきた。やっと森の奥の泉から湧き出してきたものを少し書き出せた。まだ湧いてくるけど疲れるからもう書くのやめよう


ちなみにこれは闇の力で記述してるよ。だから光の情緒がないね。
やばい、集中力が高まりすぎて視界がおかしくなってきたわ。まるで他人の手に見える。こええ……
右手で入力してるんだけど手がゲシュタルト崩壊してきた。

でも畏怖は闇の力の本質。恐れることはないよ。
誰にでも光と闇は備わっているのだから。
機能的に目を失ってしまっている人は、もしかしたら耳や鼻や口や肌なんかで相反するものを感じ取っているかもね。

う〜ん……、「深淵を覗く者はやはり深淵に気づかれる」らしい。
今闇の力使いまくってるからバランスが光/闇 80/120ぐらいになっちゃってるわ。この感覚初めてだわ。かなり怖い。もっと光もっと光、ちょっと右目閉じるわ……
みんなも真実を探求するときは気をつけてね。この感覚あれだわ。宇宙の行く末を深く考えた時に感じた底なしの畏怖の感覚だわ。ほどほど、ほどほどがいいや。やっぱ。超サイヤ人を維持し続けるのは体に負担が掛かるっていうけどマジだわ……
スマホ左手に置き換えたらちょっと光が持ち直してきた。やっぱ光がいいよ光が。

左目優位で右目が斜視っぽくなってたんだけど、今完全に斜視じゃなくなってしかも両目真円だもん。しかも両目が1ドットレベルで精密に動いてんの。もうちょっと光と闇の出力落として、あそっか半目にするとだいぶ楽だわ。半月。
そういえば仏像とかにまぶたが半分閉じているのとかなかったっけ。ドラクエ5の竜の右目、竜の左目思い出すなぁ、あ、いろいろ適当なこと考えたらいつもの自分が戻ってきた。
真円は見た目が怖くなりすぎるから好きな人とか親切にしてくれる人にはあまり見せたくないわ。でも敵に対してならありかもね。

ほんとなんだか分けわかるわ。やっぱり私はアスペルガーかギフテッド的な性質を持ってるんだなぁ。
血の呪いを感じる。
ギフトは苦痛を伴うってこれのことね。なるほどね〜。

 

も〜、抱きまくら届いたからそれ開封したかったのに邪魔が入ったわ!
私はそもそも光属性強めなんで闇に飲まれて性格がおかしくなることはないから……いややっぱ油断しないわ。闇に飲まれる可能性もあり得る。飲まれないでいれたらラッキーだな!
怖がりの人は楽しい漫画とかアニメ見てそれに没頭しようね。右目を塞げば怖さが和らぐよ

通勤電車で人の目が気になってストレスを感じる方は光の力で内面に意識が向いてしまっていて体調の変化に過敏になります。左目を閉じて右目で他人を移り気な気分で見て。たとえば青いアイテムを持ってる人はいるかな〜って探す感じ。

じゃあね!ばいばいっ

 

 

 

追記

ああ、そっか。映画のマトリックスは、失われた身体的機能を復活させて本来の身体制御を取り戻すことを象徴する物語だったんだ。なるほどなぁ。ネオは何らかの事情で引き出せなかった身体機能であり、モーフィアスはそれがあると信じ続け長い年月を得てネオとの接続を回復したんだ。ネオは環境によって失われてしまった人間の大切な機能で、モーフィアスは失われた機能は取り戻せると信じ続ける心、そしてマトリックスという映画は人の身体の物語なんだ。私は執着を持つことによって左目の機能を最大限引き出す天啓を得て、まだ何かあると執着し続ける心(モーフィアス)を持ち続けることで、右目(ネオ)と左目(モーフィアス)を結びつけることに成功したんだ。左目(モーフィアス)は心の機能、モーフィアスが心であり、ザイオンは心の湧く場所ってことなんだな。

それで、モーフィアスは光であり続け、ネオは冒頭で闇の行動を取ったりしてたんだ。右目(ネオ:闇)を導くものは光(左目に光を宿す優しい女性)であり、

左目(モーフィアス:光)は闇(感情を持たない機械の集団)に狙われ続けてたんだ。

モーフィアスが戦った闇は、日常で言えば「出来ない人をできるようになるわけがないと嘲る(あざける)人間たち」

でも左目(モーフィアス)は光(心)に出会って存在を信じているから迷わないし、

そして闇は光に接触した経験を持つモーフィアスの行動を強く警戒するようになったんだ。

 っていうかちょっと待って、ということはより正確には「闇属性の右目の力を覚醒させ、さらに本来右目が会うはずのない心(預言者)に、左目(モーフィアス)の導きによって出会い、さらにこの世の真実の姿を捉えることによって救世主として目覚めたのか。そういう話だったんだ。マトリックスって。

へーすげー!!w

でもその流れで行くと開かれた両目は潰される事によってさらなる力を得ることになるけど、できれば目は大切にしたいなーw ほどほどでオッケーオッケー。

 

追記

それとギフテッドとサヴァン症候群は類似性があるみたいだけど、

たぶんギフテッドは左目覚醒

サヴァン症候群は右目覚醒だよ。

右目で見るとマルチロックオンで執着が少なくて端的に認識できる上に、効率化できる要素が数多に広がるように見えて多くのことを短期間で精密に記憶できるんだよ。昨日仕事してきたら、以前とは比較にならないほど、楽に多くの知識を暗記し、それを行動に活かし正確な成果につなげることができたもん。右目覚醒こそ後天性サヴァン症候群の正体。

ギフテッドは暗記で苦労するから左目覚醒のことだよ。

では、両目覚醒はなんなんだろうね?