mamimpの研究帳

個人的にまとめたいものを記事にしています。

Pick-UpVOICEに載ってるずっち可愛いぞ

 だけど画像は貼らないよ。ピックアップボイスの4月号を見てくれ。表紙が男性声優だけど、裏表紙が女性声優っていうどっちから見ても読める雑誌だった。うっかり間違えたらしくて2冊届いてしまったぜ。

  アクティヴレイドの特集では石上静香さんと小澤亜李さんがインタビューに答えてるよ。二人ともかなりいい感じに写真撮ってもらってる!石上さんのほうは先日やったお渡し会の時と同じ服を着ているね。当時見た印象と写真の印象が結構違うなぁと感じた。もうちょっと青の要素があった気がしたんだけど、綺麗な白だった。

 その記事の中でアクティヴレイドの主人公二人、黒崎(俺俺なほう)と瀬名(ふりまわされるほう)だったらどっちが好き?っていう質問があって、石上さんは「瀬名です!年下でちょっと残念なところを支えてあげたい」と答えているよ。

 すごく個人的な話なんですけど、これが地味に結構こたえたね。なんていうの、かなりの魔法力で凝縮された高密度のマヒャドを心の奥にズキャッって食らった気分。私は年上だし、残念さとかないし、なんか超えられない現実の壁に頭ぶつけた気分だわ。もともと仲良くなれる可能性を0%から1%にもっていけたらと始めた行いだけど、一時-1%を下回る痛恨の一撃だったわ。これは大丈夫じゃねえな、問題ありだ。

 でも…こんなことは初めから知っていたわ。自分に許されているのはただ、相手のことが好きだと伝えることのみ。そして相手を好きでいる時に、たまたま相手が自分に興味を示せば両思いになれるということ。どっかで聞いた話だけど共感できる考えだ。

 相手を掴んで自分の元へ連れてくることはできない。ただひたすら自分の心を開いて、想いを伝え続けていくだけ。その代わり自分の想いだけは完全に自由に扱うことができる。あたしは彼の想いを大切にしたい。何かを好きになった気持ちは最大限の優しさをもって応援してあげたい。

 

 おっと!個人的な話でごめんねっ(てへぺろ