読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mamimpの研究帳

個人的にまとめたいものを記事にしています。

初心者から見た冬コミ待機列

 4:20-4:45 ホテルから外に出て広場へ向かうと、思ってたより後ろまで列があることに気づく。ホテルの部屋からはビッグサイトの階段登った先に人が集まってて余裕ありそうだと思っていたけれど、それとは別に広場に並んでる人達がいて結構後ろに伸びていた。企業に行く人とそうでない人で並ぶ場所か違うんだなぁ。
 友達と来てる人や一人で来てる人など様々で、話してる内容からもそれぞれ目的とテンションが違うんだなぁということを思う。始発組じゃないから後ろからドドっと圧縮されることもなく、わりとギチギチではない場所が取れた。それなりに端に近い場所が取れてよかった。
 列がまとまったらスタッフさんが固定して、あとは8:45に戻ってくればいいとアナウンスしてくれるシステムがすごく良くて、シンプルで好きな感じだった。あと駅からくる始発組をLEDで装飾した看板を掲げてザーっと誘導してるのはうまいなと思った。あれなら分かりやすそうだ。
 来る前はトイレ行ったらすぐ列に戻らないといけないと思い込んでたけど、一度確定したら自由にフラフラできそうな雰囲気が待機列にあって、健康的に待機できて嬉しい。割り込んだりする人がいる場所だとこんな感想は湧いてこない。

 やたら馴れ馴れしいフレンドリーなオタクっていうのが意外にいなくて、みんな淡々と好きにやってる感じ。慣れてる人は列固定後すぐに椅子を残してどっかに行っちゃった。携帯イスはみんな標準装備してるね。それ置いてあるからか、離席するとき特に周囲に何も言わない文化みたい。
 6:01 ビッグサイトの部分だけ朝日に照らされて、その時誰かが「朝日が神々しい(かみがみしい)」と言った。朝6時でも周囲は暗く、フラッシュなし撮影ではほとんど何も見えない。暗い時間帯に離席してトイレに行って戻ってくるのは、かなり億劫に思えた。
 いざ離席しようという時には周囲をぐるりと見て、床の模様をグリッド代わりにしてgooglemapの衛星画像にピン止めした。あとは戻ってこれる確信が持てるまで立ち止まって周囲のオブジェクトをよく確認。前しか見てないと後ろの景色を覚えてなくて、戻ってきたときに戸惑うからね。
 ワシントンホテルの加護と抱擁感はすごい。カードキーない人は入れませんとかキッチリしてる。あと11時までチェックアウトできますとか気前がいい。チェックアウトはロビーに置いてある端末でできる。荷物は宿泊者専用コインロッカーがあるみたい。要らない荷物自宅に郵送する必要なかったなー。
 そろそろ列が気になってきたので戻る準備をしようと思う。