mamimpの研究帳

個人的にまとめたいものを記事にしています。

プログラミング言語Pythonのハードルが高すぎて、モジュール(パッケージ)のインストールもできなかったからまとめてみた。「xlrd」パッケージでexcelファイルを操作する。

  • Googleで使われている」とか「3DCGソフトのBlenderPythonで作られている」とかいう話を見たことがあるせいか、何年も前からなんとなくPythonに関心がある。
  • 『みんなのPython』や『エキスパートPythonプログラミング』がなぜか本棚にあったりする。

  でも今まで全然捗らなかった。Python公式の英語ドキュメント読んだりもして見たけど、どうもダメ。なんでみんな普通に理解できるんだろう?まわりにPython使ってる人がいたりするの?ぼっち勢には理解するのがムリゲーレベルだって。

 で、つい昨日ひさしぶりにGoogleで「python」を検索してみたら上から3番目ぐらいに『Pythonの入門から応用までの学習サイト:Python-izm』が上がってて、かなり読みやすくまとまっていたので、また勉強してみる気になった。たしか、そもそもPython-izmさんにたどり着いたきっかけは「python excel」で検索したからで、Excelファイルをプログラムからいじりたかったからだった。Visual Basic 2010 Express使うよりも、Pythonみたいなスクリプト言語のほうが状況に応じて素早くコードを書き換えて作業効率化しやすいのかな~?と思って。

↓↓↓

 

 

 Pythonを単にインストールしても最低限の機能しか入ってなくて、モジュールだかパッケージだかをインストールすることでいろいろな機能を追加していける。そういう内容の記述はどっかで見たことがあるんだけど、実際にどうインストールすればいいのか今までわからなかった。

 だってさ聞いてくれよ。「python module」とかで検索するとこんな感じ↓の公式ドキュメントが出てきて「あ、これ読めばいけそうだな」とか思うじゃん?

↓↓↓

 ムリだから。ぜったいムリだから。

 

 なんか「python setup.py install」ってやればモジュールインストールできるよ!って書いてあるんだけど、で?っていう状態でマジで初心者置き去り。これ詰まない人いるの?

--------------------------------------------------------------------------------------------------

そんなわけで

  • コマンドプロンプト(cmd.exe)の使い方と、"パスを通す"という作業
  • ダウンロードしてきたパッケージをPythonにインストールする作業
について、もっと詳しい解説があると良いなと思いました。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
 Windows7 64bitを使っていて、プログラミング言語Pythonがパソコンにインストールされていない素人にむけて、Pythonインストールから始めて、xlrdパッケージをインストールしてExcelファイルから情報を読み取るコードを書く」までのまとめを書いてみるね。基本Python-izmさんに丸投げしちゃうけど。
 
Step1. Pythonのインストール

 

Step2. Excel操作パッケージ「xlrd」のダウンロードと、「.tar.gz」圧縮ファイルの解凍
  • http://www.python-izm.com/contents/external/xlrd.shtml を読む。
  • http://pypi.python.org/pypi/xlrd ってところで「xlrd-0.8.0.tar.gz (md5)」をダウンロード。C:¥Python27に置くとパッケージのインストールが成功したんだか失敗したんだかよくわからなくなっちゃうしゴチャゴチャするのがイヤだから、デスクトップにでもダウンロードしてみたら?
  • .tar.gz拡張子は二重に圧縮されているので解凍ソフトによっては2回解凍しなくちゃ中身が取り出せない。7-Zipは解凍作業が2回必要だった。WinRARは1回で解凍できるみたい。こっちのほうがイイね。
  • WinRARをインストールしたあとに、さっきダウンロードした「xlrd-0.8.0.tar.gz」の上を右クリックして「解凍(A)...」を選択すれば「xlrd-0.8.0」というフォルダができるよ。これが「xlrd」の本体で、中にはscriptsフォルダ、xlrdフォルダ、PKG-INFOファイル、setup.pyファイルの4つが入っている。
  • 「わーい、この setup.py ダブルクリックすればうまくいくんじゃね?」あるある。だけど、やっぱりダメだったよ。
 
 Step3. Pythonを起動するための"パス通し"
  • キーボードの左下にあるWindowsマークの書かれたキー(Winキー)を押すとスタートメニューっていうのが出てくるよ。
  • 「プログラムとファイルの検索」とか灰色で書かれたところに文字が入力できる状態になるから「cmd.exe」って入力してEnterキーを押す。これでコマンドプロンプトっていうのが起動するよ。真っ暗なやつね。その真っ暗な画面で「python」って入力してEnterキーを押すと何やら英語で出てきてpythonが起動した状態になるよ。
  • pythonを終了するときにはCtrlキーを押しながらZキーを押して、そのあとEnterキーを押せばよくて、こうするとただのコマンドプロンプトの状態になるよ。その状態から「exit」って入力してEnterキーを押せばコマンドプロンプト自体も終了できるよ。
  • あ、でもそれ"パス通し"してないと動かないから気をつけてね。コマンドプロンプトって「今いる場所」か「"パス"に指定されている場所」にファイルがないと動かないみたい。ただ「python」とか入力されても、パソコンからすると「おまえは何を言ってるんだ?」状態みたいだよ。
  • インストールしたのはPython2.7系だから、「c:¥Python26;」を「c:¥Python27;」に置き換えてPythonWebさんの解説を読んでみればいいんじゃないかな?

Step4.コマンドプロンプトの基本は「cd」コマンド
  • Step2でダウンロードした「xlrd」パッケージの中にあった「setup.py」ってファイルと、始めのほうで絶対ムリだっていった公式ドキュメントpython setup.py install」がやっと役に立つよ。
  • まずはコマンドプロンプトを起動。Winキー押して「cmd.exe」入力してEnterだったね。真っ黒いやつ。
  • この黒い画面に入力したコマンドは基本的に現在のフォルダに影響をおよぼすみたいだからpython ちゃん setup.py を install してね」と言うために然るべき場所に移動しなくちゃならない。「xlrd」パッケージを解凍した時に4つのファイルが出てきたけれど、そこの"場所"はどこだっただろう。たぶん「C:¥Users¥~~~¥Desktop¥xlrd-0.8.0¥xlrd-0.8.0」みたいな感じで"~~~"には自分のユーザー名が入ってるんじゃないかな。(4つのファイルが見えている"エクスプローラ"の上のところにある「▶ xlrd-0.8.0 ▶ xlrd-0.8.0 ▶」右側の空白をクリックすれば表示が「C:¥Users¥~~~¥Desktop¥xlrd-0.8.0¥xlrd-0.8.0」みたいな感じに切り替わるよ。これを右クリックからコピーする。
  •  で、コマンドプロンプトの黒い画面で「cd 」を入力して、黒いところを右クリック→貼り付け(P)。あとはEnterを押せば今いる場所が変わったことがわかるはず。cdはchange directoryの略で、cdの後には半角スペースが必要だってことと、コマンドプロンプトではCtrl+Vで貼り付け操作ができないことがポイントかな。
  • これでやっと大詰め。「python setup.py install」と入力してEnterキーを押そう。なんかずらずら~っと動いてxlrd(Excel Read)パッケージがインストールされた気分になるはずだ。
Step5. Pythonを起動してPython-izmさんの「xlrd」解説を読もう
  • Python-izmさんのコードを入力する前にちゃんとサンプルのExcelファイル「test_book.xls」を右クリック、名前を付けて保存でダウンロードしておこうね。場所はPythonと同じ場所「C:¥Python27」のフォルダ内がいいよ。python.exeが入っているのと同じ場所ね。
  • あとはコマンドプロンプトで忘れずPythonを起動してからPython-izmさんの「xlrd」解説にしたがってコードを打ち込んでいけばいいよ。動くよ。
  • あ、そうそう先頭に#記号がついている行はただのコメントでプログラムには関係ないから「import xlrd」「book = xlrd.open_workbook('test_book.xls')」って感じで打ってっちゃえば?
  • おお、動くよ。動k…あれ?なんか「No such file or directory」ってなっちゃったんだけど。ああ、それたぶん「xlrd」パッケージのフォルダにいたままでPython起動したでしょ。importはパス通してあるから機能するみたいだけど、「'test_book.xls'」ってのはPythonを起動したときのコマンドプロンプトの現在位置を探すみたいだよ。
  • cdコマンドを使って「cd C:¥Python27」を入力、Enterを押して場所を変えてから「python」と打とう。これでPython-izmさんの解説の続きが読めるはずだ。
  • \(^o^)/疲れたYO!
 

ちょっと忘備録代わりに書こうと思ったら結構長くなっちゃった。
・「book = xlrd.open_workbook('C:¥Python27¥test_book.xls')」とかだったら動きそうだね。試してないけど。
・パス通してある「C:¥Python27¥Scripts」フォルダにExcelファイル置いても動きそうだね。どうなんだろ。 
・#ってコメントじゃなかったかも。まあいいや

 

最後に置いときますね。エキスパートPythonプログラミングは衝動買いしたはいいけど自分には全然理解できなかったわ……。そのうち役に立つんじゃないかな。読んでないけどなんかすごそう(ノ)'瓜`(ヾ)